アスペンについて

代表あいさつ

アスペンの社名は、北米で広く分布し日本ではヤマナラシと呼ばれる樹木の名前に由来します。この樹木は地中の走出枝(茎)によって何百から何千もの個体が密接に結びついてひとつの生体を成していて、それは地球上でもっとも大きな生体と言われるそうです。

1978年の創業以来、オリジナルブランドのPolarisフラッシュメーターをはじめとしたメイドインジャパン製品を世界60カ国以上に販売してきました。その間、国内外のパートナー企業、ユーザーとたくさんの繋がりをもつことができました。このネットワーク、築き上げた信頼関係こそがアスペンの大きな財産であり、成長を続けていく源になっていると思います。

何事も人を大事にし、人と人との結びつき、繋がりがあってはじめて大きなことを成し得る力になると思います。事業はまた社員とその家族、パートナー企業、ユーザーの皆が全てハッピーにならないといけないですし、またこれからの時代は地域社会にも貢献できる企業でないと意味がありません。

社員のワクワク、ドキドキをエネルギーに、売れる商品よりも売れ続ける商品、ニッチよりもスーパーニッチな製品作りと市場開拓を目指し、情熱と持続力をもって努力を積み重ねていきたいと思います。

これからもアスペンをどうぞよろしくお願いいたします。

会社概要

会社名有限会社アスペン
ASPEN CORPORATION
代表取締役青島 雄一郎
本社所在地〒105-0004
東京都港区新橋6-3-5アタゴ小林ビル4F
大きい地図で見る
TEL03-3433-3948
FAX03-3433-3832
URLhttps://aspen.co.jp
https://daichinookurimono.com
資本金500万円
設立1978年9月
業務内容写真用露出計の開発設計・製造・販売、光学関連機器・ストロボ・玩具などの開発設計・製造・販売、写真関連機器・アクセサリー等の輸出入・販売、超望遠マクロレンズの販売、健康補助食品の製造・販売
主要取引先株式会社Kカンパニー、コメット株式会社、株式会社東京マルイ、浜松ホトニクス株式会社、株式会社フジヤカメラ、株式会社メディエーションズ、他数社
海外取引先Benel Bv (オランダ)、CR Kennedy & Companay Pte Ltd (オーストラリア)、Graham Robertson Photographic (南アフリカ)、Leica Camera AG (ドイツ)、Mikrosat KFT (ハンガリー)、MLMFOTO (インドネシア)、Omega Brandess Distribution (U.S.A)、Salam Studio & Stores LLC (U.A.E.)、Wilhelmi Monge SRL (ペルー) 、他30社
取引銀行みずほ銀行浜松町支店、芝信用金庫本店営業部、三井住友銀行上野支店
従業員数5名
加盟団体東京商工会議所、東京都写真美術館支援会員、写真映像経営者協会 (JPEA)
PAGE TOP